北相木村

サイト内検索
文字サイズ

人の温もりが溢れる村 おいでよ「北相木」

2013年10月31日(木)

秋もまた別格

 この頃、霜が降り、水たまりに薄氷が張る事はあまりめずらしくなくなってきた。村は今まさに錦秋の秋を迎えており、目を楽しましてくれている。

ただ、だんだん寒さも厳しくなり、景色が暗くなっていくことを思うと何となく気持ちも暗くなってしまうものだが、それは仕方ないこととし、それならば北相木ならではの、うんめェ鍋をメインに漬物でも肴にして、熱燗でも飲めることを楽しみに乗り越えたいと思う。

 

「長者の森の紅葉は今が見頃」「長者の森の紅葉は今が見頃」

 ところで、鍋や漬物といえば、北相木ではこれでもかというくらい白菜が登場するが、その白菜。今盛んに出荷が行われている。聞くところによると、この白菜は霜が降れば降るほど糖度が増すとか…。不思議な話であるが本当の様だ。是非機会があったら賞味いただきたい。 

「白菜が甘い?」「白菜が甘い?」

 それから余談であるが、村の中を仕事で飛び回っていたら、遠くから「お~い。お~い。」と元気のいいおじいさんが自分を呼ぶ。冬踏み前の自家用野菜を収穫したから、少しもっていけと呼び寄せてくれた。この様な場面はこれだけでなく色々なところから声がかかる。

 季節は寒いが、北相木の人の心はいつも暖かい村だと心から思う。 

「突然おじさんがグリーンボールをくれた。」「突然おじさんがグリーンボールをくれた。」

 
by ゴリラさん

2013/10/31 15:50 | 2013年 | コメント(1)

コメント

  • ”白菜”いいですねえ~。。はじめまして!昨日横浜からお邪魔させていただきました者です、こんにちわ。大昔、そお・・もう25年くらい前にはよく子供達を連れ、そちら方面に遊びに出かけていました。ちょっとしたご縁で、今年は9月に続いて2度目でした。昨日は日中は暖かくて、とても気持ちの良い北相木村を堪能しました。帰り道ではタヌキとも遭遇しましたよ~~。”白菜”とても好きなので、次回は仕入れて行くつもりです。

    2013年11月22日 (金) 14:35 | のぶ

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS


北相木村役場
住所:〒384-1201 長野県南佐久郡北相木村2744 電話:0267(77)2111

Copyright © Kitaaiki Village, All rights reserved.