北相木村

サイト内検索
文字サイズ

人の温もりが溢れる村 おいでよ「北相木」

2016年08月17日(水)

博物館8月イベントの報告

8月に入り、博物館では「縄文釣り体験」「シカ角のアクセサリー作り」を行いました。

まずは「縄文釣り体験」。これは栃原岩陰遺跡出土の骨製の釣針をモデルに、実際にシカの骨を石で磨いて、マス釣りに挑戦するものです。

目指すは、このような形。これに餌(今回は練り餌とブドウ虫)を付けて、魚を釣るわけです。

河原の石で、ゴシゴシ磨いていきます。

 さて、釣れるかな?

釣れました!

釣れました!!

釣れました!!!

釣れた皆さん、お見事です。
本当のことを言いますと、この釣針での釣りは、難易度が高いのです。現在の釣り道具がいかに洗練されているかも体感できます(笑)

この後は、マスのつかみ捕りに移行。さらに、黒曜石の石器を使って、マスのお腹を割いてみました。
普段魚に触ったことのない皆さんには、どう見えましたか?

続いては「シカの角アクセサリー」。
こちらは8月14日の「長者の森フェスティバル」において行いました。
ディスプレイが、簡素過ぎですねぇ(笑)

製作自体はお手軽で、切断したシカの角を、やはり石で磨くのみ。ヒモを通せばペンダントの完成です。

ただし、実は栃原岩陰遺跡では、角製のアクセサリー(装身具)は出土していません。あるのは骨やクマの牙、あるいは貝殻を利用した物です。
この辺りは検討課題ですが、実際に石で磨く(削る)感覚は、味わって頂けたかと思います。

さて、いかがだったでしょうか。

実は運営側からすると、色々と検討課題が多く残りました。ご迷惑をおかけした点もあったかと思います。
またこの先、どういったかたちで、このような体験(ワークショップ?)を続けていくべきか、考える時期かとも思いました。
参加した方の感想も、是非お聞かせ下さい。

2016/08/17 10:56 | イベント | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS


北相木村役場
住所:〒384-1201 長野県南佐久郡北相木村2744 電話:0267(77)2111

Copyright © Kitaaiki Village, All rights reserved.