イベント

縄文式釣針を使ったマス釣り体験!今年もやりますよ。

最後はみんなでつかみ捕り 縄文式骨製釣り針を使った マス釣り体験のお知らせのチラシ 北相木村考古博物館では本物もみられるぞ! 問い合わせ・申し込み先 北相木村教育委員会 0267-77-2111

8月18日 金曜日 、今年も、シカの骨で作る釣針で、縄文式のマス釣り体験を行います!
夏休みの自由研究にもぴったりです。ぜひご参加下さい。

  • 必ず電話による予約を行って下さい。
  • 参加人数を制限させて頂きます。定員を越えた場合はご参加頂けませんこと、ご容赦下さい。

北相木村の栃原岩陰遺跡は約10,000~9,000年前の遺跡で、ここからは縄文時代の生活道具が数多く見つかっています。その中にある、動物の骨でできた釣り針を自分たちでつくり、それを使ってマス釣りをしてみます。私たちの祖先がどんな釣りをしていたのか、ぜひ参加して体験してみて下さい。

日時

平成29年8月18日 金曜日 10時から12時ころまで

集合場所・時間

北相木村役場前駐車場に10時までにお集まり下さい。

持ち物

釣竿(無い方は貸し出しますが、出来るだけご持参下さい)

服装等

動きやすい格好・帽子・雨具・水筒
サンダルか長靴(川に入って石を拾います)

申し込み

参加希望者は事前にお電話で申し込んで下さい。
(定員になり次第締め切らせていただきます)

参加費

無料(博物館ご見学の場合は、別途入館料を頂きます)

その他

  • 各自、役場前駐車場に集合して下さい。
  • 釣り針の製作、釣りは役場前で行います。
  • 釣り針の材料、釣り糸、餌はこちらで用意します。
  • 釣った魚は持ち帰れます。
  • 小学生以下のお子さんは、保護者の方とご参加下さい。
  • 小雨決行(大雨等で中止の場合は村内放送でお知らせします)。

栃原岩陰遺跡フェスティバル2017 開催のお知らせ

ご好評を頂いております、栃原岩陰遺跡フェスティバル(通称、栃原ROCKフェス)、今年の開催日程決定しました。今回は、なんと、2回!

主な内容

第1日 10月21日 土曜日

  • 事例報告 日本中部の洞窟遺跡最前線
    谷口康浩(國學院大学) 群馬県長野原町居家以岩陰遺跡の調査
    佐藤雅一(津南町教育委員会) 新潟県魚沼市黒姫洞窟遺跡の調査
    山田昌久(首都大学東京) 長野県小海町天狗岩岩陰の調査
  • スペシャルセッション 洞窟岩陰遺跡から何が分かるのか
    主に縄文時代を中心に
    • ゲスト
      谷口康浩(國學院大学)
      佐藤雅一(津南町教育委員会)
      山田昌久(首都大学東京)
      藤山龍造(明治大学)
    • 司会
      藤森英二(北相木村教育委員会)
  • ワークショップ 貝殻で作るアクセサリー 他

第2日 11月3日 金曜日

  • 特別講演(村文化祭講演会) ヨーロッパの洞窟壁画(仮)
    講師 五十嵐ジャンヌ(東京藝術大学)
    世界遺産ラスコー洞窟の壁画や、ヨーロッパ各地の洞窟遺跡から見えてくる、人類の英知とは?
  • ワークショップ 洞窟壁画を描く

開催場所

北相木村考古博物館・中央公民館

その他詳細、変更点は、随時このブログにアップします。たくさんの方のご参加をお待ちしております!

↓下の画像もクリックし、ご覧下さい。

TOCHIBARA ROCK shelter site FESTIVAL 2017 日本の洞窟遺跡と世界の洞窟遺跡のチラシ ・第1日と第2日、どちらかのみの参加も可能です。10月21日夜は、ロッジ長者の森にて講師の先生方との懇親会を行います。参加希望の方は、お問い合わせ下さい。 (宿泊料込み 8,000円・懇親会のみ4,000円の予定) ・都合により内容等に変更の可能性もあります。ご了承ください。 北相木村教育委員会 担当 藤森英二 0267-77-2111

「栃原岩陰遺跡フェスティバル2016」終了!!

栃原岩陰遺跡フェスティバル2016 TOCHIBARA ROCK FESTIVAL 2016 shelter site 開催日時 10月9日(日曜日) 集合場所 北相木村中央公民館と書かれたポスター

今年も開催されました、栃原岩陰遺跡フェスティバル。通称「栃原ROCKフェス」。今年のテーマは、海!
しかし、当日の朝は雨。そして、東京からの新幹線が遅れているという情報があり、講師やスタッフが時間に間に合わないかもという、波乱の幕開けとなりました。果たして、無事オープニングを迎えたのでしょうか…。

 

基調講演中の写真

町田賢一先生の講演中の写真

午後1時、結局新幹線は20分程遅れたものの、皆さん予定通りの時刻にお越し頂き、定刻通りに始めることが出来ました。
まずはステージ上に、今回のスペシャルゲスト富山県の町田賢一先生が登場。自らが調査された、富山県富山市の「小竹貝塚」の成果から、海辺の縄文人の生活を紹介して頂きました。安定の分かりやすいトークで、とても勉強になりました。

トークセッション中の写真

藤山先生と町田先生のトークセッション中の写真

次に、レギュラーゲストの明治大学藤山龍造先生にもご登壇頂き、トークセッション「栃原岩陰遺跡の人々は、海を見たか?」の開始。
標高930メートル、海からはおよそ150キロメートルの山国にある栃原岩陰遺跡で、海の貝が130点近く見つかっている不思議。その謎に挑むというものです。結論はなかなか出ませんが、当館館学芸員の不躾な突っ込みにも丁寧に応えて頂いたお二人のゲストのおかげで、様々な可能性を提示出来たと思います。
打ち合わせゼロで挑んだトークセッション、いかがでしたでしょうか?

子供達が弓矢体験している様子の写真

後半は、各種体験コーナー。
定番の弓矢体験は、スタッフの丁寧な指導で、何度か的に当たっていましたね。
山崎さん、栗田さん、ありがとうございました。

縄文食を試食中の写真

縄文食?も実は2回目。
以前はイノシシに近いブタ肉と、最近話題の大豆(縄文人が、ダイズやアズキの仲間を食べていた可能性が高まっているのです)を一緒に煮込んで、塩と少々のごま油で風味を付けたものを提供しましたが、今回はテーマが海ですから、これにアサリを加えてみました。
意外と好評?で、ほぼ完食でしたよ。
杉木さん、尾崎さん、山村留学センターの楠川さん、ありがとうございました。

子供達が貝殻を使ったアクセサリーづくりをしている様子の写真

完成した貝殻のネックレスをつけている子供たちの写真

さらに今回の目玉。貝殻を使ったアクセサリーづくり。
上に書きましたように、栃原岩陰遺跡では海の貝を加工した製品が100点以上出土いしていますが、これをもとに、アクセサリー作りに挑戦です。指導にあたって頂いたのは、大阪のきしわだ自然資料館の皆さん。なんとこのために、遠路はるばるお越し頂きました。
用意したか各種タカラガイやその他の材料を使って、穴を開けたり削ったり磨いたりして、個性豊かなネックレスを作りました。
風間さん、児嶋さん、鈴子さん、田中さん、ありがとうございました。

この後は、村の方々も交えた懇親会に。とても楽しく、また今後につながるお話ができました。

さてこんな感じで、ワークショップ含め70名近い方にご参加頂いた今回のフェス。皆さん本当にありがとうございました。
来年はぜひ、もっと多くの方に集まって頂けますよう、企画を練りたいと思います。

尚、今後とも、愛称は「栃原ROCKフェス」で!